Overview

食品

K–Foodのグローバル化に向けて一流技術で最高の味と健康、便利さを提供する差別化された商品づくりを積極的に推進



1953年韓国初の製糖業からスタートし、60年間韓国食品業界をリードしてきたCJ第一製糖は、絶え間ない研究と発展、継承と革新を通じて韓国伝統食品及び食文化を世界に伝え、世界中の顧客に韓国の味と文化を発信しています。

砂糖からスタートし、小麦粉、たれに至るまで、韓国の食の歴史とともに歩んできた「ペクソル」の足跡には我々の食文化とライフスタイルの変化がそのまま込められています。最も美味しく洗練された形で身近にあり、信頼できる韓国代表の「味のお供」として、常に新しい食文化を作り上げていきます。甘味料事業においては機能性甘味料分野へと事業を拡大することで、グローバルNo.1の甘味料メーカーとして発展しており、製粉事業においては小麦粉、様々なプレミックス商品をリリースすることでホームメード文化の拡大に貢献しています。また、油脂事業においても大豆油を中心とした油脂市場を高級油へと拡大することに貢献しました。

韓国の食卓を支える代表の味、「ダシダ」は手軽に料理の風味を引き立て、料理の味をより深く豊かにする万能調味料として、1975年から約40年間愛し続けられている、圧倒的なNo.1ブランドです。

「へチャンドル」はCJ第一製糖の伝統的な醗酵技術を基に韓食の根幹となる味噌の味をお届けする韓国代表のジャン類専門ブランドとして市場をリードしており、「ダダム」は専門的な料理知識がなくても専門店の味が出せるよう、様々なメニューを通じて誰でも楽しくかつ手軽に料理ができるメニュー専用調味料ブランドを目指して成長しつづけています。

新米で作った炊き立ての美味しいご飯という意味の「ヘッパン」は、その発売とともに韓国で即席ご飯市場を開拓したCJのオンリーワン精神を表す代表ブランドです。韓国で初めて自家精米設備と無菌化工程によって、いつでも炊き立てのご飯の味を届けております。「レンジクッパ」も同時に発売し、即席米飯市場における圧倒的なNo.1を獲得し、簡便食代表するブランドとして成長しています。

デザート市場においては、韓国にはなかったデザート文化を紹介し、新いいトレンドを生み出した「プティチェル」に次いで、「マッバム」などの素材そのままのオーガニックなナチュラルおやつとスナック商品を発売し、好評を得ています。






味と健康を兼ね備えた肉・水産加工ブランド「Theコンガンハン(健康な)」は消費者が不安に感じる添加物を一切使用せず、安心できる素材を使い、素材本来の味と食感を最大化することに焦点を当てております。「ゴメ(グルメ)」は、良い素材と安心できる調理過程を基本とし、シェフのノウハウと全世界のレシピで新しいグルメを提供しています。

「bibigo」は韓食固有の伝統に現代的な価値を加えた新しいライフスタイルを作り上げていくグローバル韓食代表ブランドです。

韓食への理解を基に「bibigo」は韓国固有の生活と哲学を込めた健康的な韓食文化を全世界に発信していきます。餃子、たれ、ジャン類、キムチ、海苔など、代表的な韓食メニューを基に作られた商品を通じて世界の誰もが家庭で手軽に韓食を楽しむことができます。


top