ペクソルスイツリーの物語

家族の健康を守ってくれる低カロリー甘味料、
ペクソルスイツリー(Beksul Sweetree)

CJ第一製糖は1953年に韓国では初めて砂糖を生産した食品メーカーです。

砂糖から始まったCJ第一製糖は、様々な食べ物を通じて国民の食生活をより多様で豊かにするために力を傾けてきました。

今は出発点だった「砂糖」を一つの転換点にし、一段階アップグレードした健康な甘みを作るために努力しています。 私たち家族に良いものだけを与えたいという思いで研究を行い、そのような努力により「ペクソルスイツリー」が誕生しました。

ペクソルスイツリーは健康にやさしい甘味料ブランドで、砂糖の甘さだけではなく健康も考えたプレミアムブランドです。

ペクソルスイツリーは雪のように輝く白い砂糖を意味する「白雪」を基本としています。「白雪」の思いを忘れず、国民の食生活をより甘いものにするという意味が込められています。

甘い木を意味するスイツリーは、地にしっかりと根を張った木のように甘さはもちろん、健康も追求していきたいという方向性を表しています。

ペクソルが「家族の健康」を思って作った韓国初の低カロリー甘味料ブランドであるペクソルスイツリーは、私たち家族の安全な食生活を守っていきます。

우리가족 건강한 단맛습관 백설 스위트리(SWEETREE)

家族の健康を守ってくれる低カロリー甘味料、ペクソルスイツリー

top