Happy Soy

大豆の本来の味を生かした豆腐
「ハッピーソイ 」 「幸せな豆」豆腐は、消泡剤、乳化剤、油を使用しないで韓国産の豆と2種類の天然の凝固剤を用いて作ります。

ハッピーソイ豆腐は無消泡剤、無乳化剤、油などを入れずに作った純粋な無添加豆腐です。

無添加原則を守るために、低温でゆっくりと豆腐を作り、豆本来の純粋な味を大切にしています。

良い豆腐になるとHappy Soy

純粋な無添加豆腐を作るために、良質の大豆を真心を込めて準備いたします。

  1. 大豆の洗い

    1等級の豆大豆のみを厳選し、軽い大豆と石などの異物選別作業を経てからきれいな水で豆を洗います。

  2. 冷たい水でふやかす

    洗った大豆を10~15℃の冷たい水でゆっくりふやかします。

  3. 大豆をすり潰す

    冷たい水に漬けてふやかした大豆を、石臼を使ってきれいにすり潰します。

  4. 大豆を鍋に入れて沸騰させる

    きれいにすり潰した大豆を沸騰させると、大豆の成分によって泡が発生します。この時、消泡剤のような添加物を使わずに泡専用除去装置を使って泡を取り出します。

    * 消泡剤:泡を人為的に除去してくれる添加物

  5. ざるでこす

    煮立てた大豆汁からおからを取り除き、豆乳を 得ます。

  6. 冷却、熟成する

    一定時間の間、低温で豆乳を熟成させます。この時間の間に豆乳内の泡も除去されることで、よりなめらか味になります。

  7. 固める

    低温で熟成させた豆乳を乳化剤、油などを入れず、きれいな塩水を精製して作った天然の凝固剤で固めます。

    * 油:乳化剤の役割をする食用油などの油脂

  8. 豆腐の完成

    豆腐ときれいな水を入れて包装します。包装された豆腐は85℃以上で30分以上殺菌した後、冷蔵状態で消費者にお届けします。


top