FatDown

ダイエットの基本は運動と食事調整

ファットダウンファットダウンは運動の前に摂取し、健康でリリバウンドのないダイエットによる根本的な解決を目指します。

数多くのダイエット方法が盛んに行われているダイエット市場では、
運動と共に体脂肪の減少のためのフィットネスドリンクで市場を作り出したブランド、 ファットダウン!
体重だけに依存していた従来の視点から、体脂肪の減少を通して美しいスタイルを手に入れられるというパラダイムの転換を実現しました。

2002年の立ち上げから、12年が経った今でも相変わらず愛されている「ファットダウン」

ダイエットの歴史を共に歩み続けてきた、名実共に韓国ダイエットブランドの代表格であり、消費者から相変わらず愛され続けながら発展しています。このように、消費者から厚い支持を受けているファットダウンが誕生するまでには、数多くの試練がありました。何よりもファットダウンを「おいしく」作ることが一番の悩みでした。

あなたのダイエットマスター fatDownアウトドア

ファットダウンに含まれているガルシニア・カンボジアの果皮エキスなどの成分は、体脂肪の減少に役立ちますが、苦くて飲みにくいという問題がありました。味を改善するために百回、千回以上の研究を積み重ね、今のさわやかで甘い味を引き出すことができました。これはCJ第一製糖食品研究所の研究員たち の努力の賜物だと言えます。このようにして、消費者に初めてお披露目したファットダウンの販売量はその後急成長します。最初にリリースした当時、韓国内では徐々に健康への関心が高まっており、 運動を通じた健康とスタイル維持といった新しいダイエット方法を提案するファットダウンが、これらのニーズを満たして、売上高が 急激に増えました。

初期のファットダウン流通はテレビショッピングから始まりました。 ファットダウンメイン消費者層に合った放送時間帯にファットダウンの紹介を最も効果的に伝達できるメディアがテレビショッピングだったからです。テレビショッピングへの入店はファットダウンの売上高を大幅に向上させましたが、運動を共に行うことで、体脂肪の分解効果をより高めるファットダウンを「食べるだけでも痩せる」という間違った誤解によって消費者のリピート率が落ち、 売上高が大幅に下落するしたこともありました。

2005年、CJ第一製糖の健康食品事業部ではこのような危機を克服するために、消費者に直接ファットダウンを体験できる機会を提供するイベントを設けました。フィットネスセンターの会員を対象にファットダウンを体験できる「汗キャンペーン」とペットダウンと運動を共に行う8週間のダイエットプログラムを提供する「チャレンジャー」は、まさにファットダウンの機能と消費者の経験に裏付けられたブランドの信頼性を高めるきっかけとなり、急激な売上増加につながるターニングポイントとなりました。その後もファットダウンは毎年成分を強化し、新たなコンセプトでリニューアルすることで、消費者たちに真新しさを提供し、モムチャン(健康で美しい肉体)モデル、チョン・ダヨン、ウ・ジイン、 塩サバコーチの愛称で親しまれるトレーナー、チェ・ソンジョ、アフタースクールのカヒなど、有名モデルを起用して認知度を高めていきました。その結果、2009年には過去最高の売上を達成し(自社基準)、名実共に認めるダイエット専門ブランドとしての地位を確立しました。

健康なダイエット市場の草分け的な存在であるファットダウン は、今後も単なる機能性食品ではなく、 社会全体に健康文化を広めながら、トレンドを引っ張る牽引車となるために努力してまいります。


top